亀頭包皮炎の原因

カンジダ性亀頭包皮炎にはカンジタ市販薬のロテュリミンAFとファンガソープEX

亀頭包皮炎とは黄色ブドウ球菌や大腸菌などの雑菌やカンジダ菌が亀頭や包皮に感染することにより起こる病気です。

これは性交渉や自慰行為、入浴時の洗いすぎや下着で擦れて小さな傷ができて、そこから菌が入り込んでしまうことが原因となって起こることが多いものです。

ごくごく身近な菌が原因となって起こる病気ですから、男性であれば誰でも注意が必要になるものですが、特に注意が必要となのは包茎の方だと言われてます。包茎の方の場合は綺麗に洗うことと清潔に保つように気を付けましょう。

とはいえ、何のはずみで亀頭包皮炎になるかは誰にも分かりません。亀頭包皮炎になると赤く腫れたり痒みや痛みといった症状が出てきますので、そういった症状が出てきた場合にはなるべく早めに皮膚科もしくは泌尿器科を受診するようにしましょう。

亀頭包皮炎はそのまま放っておいても自然治癒したりはしませんし、症状が悪化してくると包皮や亀頭がただれたような状態になったり、水ぶくれのような状態になったりしますから注意して下さい。

亀頭包皮炎の治療は原因が雑菌なのかカンジダ菌なのかによって使われる薬が違ってきます。市販薬で治療するのも1つの治療方法ですが、間違った薬を使用すると逆に症状を悪化させてしまうことがありますから、市販薬を使うよりも病院へ行くようにした方が賢明と言えるかと思います。