亀頭包皮炎の症状

カンジダ性亀頭包皮炎にはカンジタ市販薬のロテュリミンAFとファンガソープEX

亀頭包皮炎と聞いてパっと症状や状態が思い浮かぶという男性はあまり多くはないのではないでしょうか。亀頭包皮炎は男性であれば誰でもなる可能性のある疾患の1つですから、知識として知っていて損はしないかと思われます。

亀頭包皮炎は性交渉や自慰行為などによって亀頭や包皮に小さな傷ができ、そこから菌が入り込んでしまうことで発症する感染症です。細菌性とカンジダ性の2タイプがあり、どちらのタイプかというのは検査を受けることではっきりとします。

亀頭包皮炎の症状としては、性器が赤くなる、ただれる、痛みが出る、かゆみが出る、白いカスが出るなどと言う風にいくつかあり、出てくる症状は人それぞれですし、1つだけという場合もあれば複数の症状が出るという場合もあります。

こういった症状が出てきた場合には、亀頭包皮炎である可能性がありますから、なるべく早めに病院で診察を受けるようにしましょう。皮膚科や泌尿器科で診てもらえますから、病院探しで困ったりするということもありません。

治療には軟膏やクリームといった塗り薬がメインとなりますが、症状の度合や状態によっては飲み薬も合わせて処方されることがありますから、医師の指示に従って下さい。

亀頭包皮炎はきちんと治療さえ受ければ治るものですので、辛い症状をひたすら我慢しなければならないという訳でもありません。少しでも早く治療を開始して、辛い症状に早くお別れを告げて解放されてしまいましょう。