亀頭包皮炎の軟膏

カンジダ性亀頭包皮炎にはカンジタ市販薬のロテュリミンAFとファンガソープEX

亀頭や包皮が雑菌やカンジダ菌に感染してしまうことで起こるのが亀頭包皮炎ですね。これは男性であれば誰でもなる可能性のある病気ですので、頭の片隅に症状や治療法などを入れておいても損はしないかと思います。

亀頭包皮炎になると亀頭や包皮が赤く腫れたような状態になったり、かゆみや痛みが起こったりします。そのまま放っておくとただれたような状態になったり、水ぶくれのような状態になったりすることもありますから、そのまま放っておくのだけは気を付けた方が良さそうです。

亀頭包皮炎は皮膚科や泌尿器科、性病科で治療を受けることが出来ますし、基本的に治療は軟膏を使う塗り薬がメインになります。ただ、症状の度合や状態によっては軟膏と飲み薬を併用する場合もあるようです。

治療に使われる軟膏や飲み薬は、亀頭包皮炎の原因菌の種類によって異なります。雑菌が原因であれば抗生物質メインになりますし、カンジダ菌が原因であれば抗真菌剤がメインとなってきます。

間違った薬で治療をすると症状を悪化させたりする原因にもなりかねませんから、くれぐれも安易にドラッグストアーやインターネット通販で販売されている市販薬には手を出さないように注意して下さい。

何が原因菌かというのは、病院で検査を受けることではっきりとします。ですから、変だなと思った時には速やかに病院へ行き、検査結果を踏まえた上で、医師の指示に従って薬を使用するようにして下さい。